福祉用具 message

車椅子

福祉用具 message message

日本は65歳以上の高齢者の占める割合が全人口の21%を超えた超高齢社会へ突入しました。在宅においても、より快適な生活を送るために、福祉用具の必要性が高まっています。杖や歩行器、ベッドなどを使用することで、生活の質が大きく改善することもあります。普段の生活では馴染みのない福祉用具ですが、今や自立した生活を送るための必需品です。

福祉用具の販売

《福祉用具の販売》

日常生活時に使える福祉用具の数は益々増加しています。数千点以上の取り扱い品目の中から、お客様のニーズに合った商品を福祉用具専門相談員の資格を持つ社員がご提案します。

※特殊衣料は、札幌市紙おむつサービス事業の指定業者です。札幌市にお住まいの方でご利用を希望される方は、各区役所保健福祉課窓口へご相談ください。
介護保険以外に札幌市が行っている高齢者支援(外部サイトが開きます)
福祉用具の販売
福祉用具のレンタル・住宅改修

《福祉用具のレンタル・住宅改修》

ベッドや車椅子等の福祉用具のレンタルから、手すりの設置等の住宅改修まで、快適で安全な生活のお手伝いをいたします。お客様の身体状況等の変化に合わせて、借り換えが出来るのが福祉用具レンタルの最大のメリットです。

※介護保険福祉用具貸与事業所番号 0170400584
福祉用具のレンタル・住宅改修
オリジナル福祉用具の企画・製造と販売

《オリジナル福祉用具の企画・製造と販売》

特殊衣料では、自社商品の企画からデザイン、そして製造までの全てを自社で行うことが出来ます。社内のデザインスタッフや縫製工場が、商品試作はもちろん、修理やデザインの変更などのお客様の要望もすぐに反映することが出来ます。

縫製

<商品化までの主な流れ>

●商品開発会議
月に1回の商品開発会議にはデザイナー・工学博士・理学療法士・中小企業診断士等の外部機関のスペシャリストが参加し、新しい商品開発に向け検討
●試作およびモニタリング
社内の縫製工場でいくつかの試作品を製作、その後社内見本検討会などを経て、実際の病院・施設等で現場の意見を収集そして分析
●各種試験
洗濯耐久性や衝撃吸収試験、収縮率試験、染色堅牢度試験を実施
●商品化
福祉用具の展示会等で新商品の発表、販売開始へ
オリジナル福祉用具の企画・製造と販売

●主なオリジナル商品

頭部保護帽《abonet(アボネット)》
アボネットは、ファッション性の高い保護帽子がほしいという障がい者の方の声をきっかけに産学官連携の「福祉用具のデザイン開発・研究プロジェクト」から生まれました。日常生活から軽作業まで様々な用途に使えるおしゃれで頼もしい保護帽子です。
→商品の紹介
疑似体験セット《まなび体》
まなび体は高齢者の方や片マヒ状態の身体機能の変化の一端を学ぶための学習教材です。まなび体を通して、生活の中での不自由さを体験することにより「相手の身になっての介護の方法」や「共に暮らす優しい環境づくり」を考えるきっかけとして活用されています。
→商品の紹介
その他の商品
食事エプロンシリーズ→商品の紹介
入浴介助用ベルト《たすけ帯》→商品の紹介
特注縫製・OEM
自社に縫製工場があるため、既製品のサイズ変更からフルオーダーまで、お客様の幅広いニーズにお応えすることが可能です。企業向けにはOEM(他社ブランド製品の製造)商品の企画・提案・製造も行なっております。